「もしあなたが金属アレルギーだったら?」彼に伝えておくべきこと


結婚指輪コーディネート20年以上のプロ店長、原 美幸です。
この記事では、プロポーズの予感がする女性に心がけておくと良いこと、お得なことをお伝えしていきます。

今回は「もしあなたが金属アレルギーだったら?」
その場合、何は無くともさりげなく、でも何回も、彼に自分の肌質について伝えておく事が大切です。
男の人はイザ指輪を準備!と思っても何を買っていいのか?どうしたらいいか全くわからないと思った方がいいかもしれません。20年以上もお客様の接客をしてきましたが、事前に詳しく調べてきた方は10%以下だったからです。

ショップにいらして「結婚指輪と婚約指輪の違いが判らないんですよ。」なんてざらです。
先入観「もう知ってるよね」は禁物です。

ましてや入ったことが無いジュエリーショップに来たとたん、押さえておくべきことなんて頭から消えてしまうと思っておかれた方が、良いですよ! <h1>


そろそろ彼がプロポーズしてくれるかな?の予感


そろそろ彼がプロポーズしてくれるかな?と感じたら
自分の肌の質の話を何気なくしてみることはとても大切です。

1.金属アレルギーがある。
2.アトピー性皮膚炎
3.肌が弱い(化粧品は自然派や・敏感肌用を使用してる)
4.今までアクセサリーを着けた事が無いのでわからない。

など、さりげない会話の中で伝えて行くと良いと思います。


実話「彼女が金属アレルギーだったとは知らずに購入してしまった・・・」と言う事実


「頂いた婚約指輪付けられない・・・」という場合も。 先日ご来店されたお客様は、
もうプロポーズは完了、婚約指輪(エンゲージリング)は贈られたものの、
素材が<プラチナ>・・・・製素材の指輪だったので着アレルギーがあるため着けることが出来ない・・・
とおっしゃられてました。

彼いわく、「彼女が金属アレルギーだったとは知らずに購入してしまった・・・」と言う事でした。
カードを作って買う気満々で宝石店へ行き、店員さんに進められた38万円の婚約指輪を購入なさったとお聞きしました。
彼が彼女を想う気持ちはとても分かるし、素敵なことと思うのですが、
もし彼女がもう少し早くに彼にアレルギーがあることを伝えられていたら
このような失敗は起きなかったのでは・・・と思ってしまいます。
彼的には「早く言ってよ~」と内心思っていたかも知れません。


「せっかく買ったのに着けられない!なんて悲しすぎます。


アレルギーの方はプラチナ製エンゲージは含まれるパラジウムにアレルギーでかゆみが出たり、
ゴールド製は含まれる銅の反応で指輪をつけている所が赤くなったりして着けれないケースがございます。
せっかく彼の気持ちがこもった指輪をもらっても、着けることが出来ないのは本当にもったいないと思います。

お付き合いが続いて「なんとなくプロポーズの予感がしてきた」と感じたら、
もしかしてサプライズでプロポーズなんて彼が考えているかも知れません。

その時はさりげなく「肌が弱くて普通のリングは着けれないんだよね・・。」
なんてつぶやいておくと「せっかく買ったのに着けられない!問題」の予防!?に良いかも。
安心して着けれる<アレルギー対応>の婚約指輪で彼がプロポーズしてくれるよう店長も祈っておきます!

■金属アレルギー対応の婚約指輪ページへ



毎日安心して着けれるエンゲージリングにしたい。その思いが実現した<金属アレルギー対応婚約指輪>はこちらから
※リンク アレルギー対応婚約指輪ランペ 25年以上かけ、
今ではほぼどんなデザインでもアレルギー対応の素材で指輪を作れる技術をあなたの為にお役に立てれたら幸いです。

■アレルギーでもOKな婚約指輪について