092-526-2155
営業時間 11:00~21:00(定休日:火・水・祝日)

黒い結婚指輪|三種類から選ぶ斬新なブラック・エンゲージ/マリッジ

TEST2

■選べる3つの黒い結婚指輪の魅力をお伝えします。

・地上で一番黒い金属<タンタル>
・漆黒の黒さ< <ブラックジルコニウム>
・超硬質カーボンブラックコート

セブンドリームスでは今、注目度アップ中の
3種類の<黒い結婚指輪>をお選びいただけます。
様々なテクスチュアとの組み合わせもOK。
シックなマット仕上げ、つややかなピアノブラック、
シックでクラフト感あふれる黒和紙柄・・・
お好みでさまざまな「オンリーワン」の<黒>へのカスタマイズが可能。
お二人だけの、そしてお二人それぞれオンリーワンの<黒い結婚指輪>を仕立てて
見ませんか?

地球上で最も黒い金属<タンタル>の結婚指輪は<永遠の黒>

地球上の全金属中最も「黒い」金属<タンタル>。
数ある金属でも、これ以上黒い金属を探すことは不可能です。

黒さの理由は、全金属で最も低い反射率。

最初は金属アレルギーに最も安全な素材として注目されましたが、その独特な美しい黒さで、
アレルギーに関係なく、男性のみならず意外と女性からの人気も高く、個性派カップルに<黒い結婚指輪>として人気が高まっています。

レアメタルの中では密度が高いほうで16.69と、チタンの約四倍。
ブライダルリングに使われるK18ゴールドの密度が約15.4ですからK18ゴールドとプラチナの中間ぐらいの、
どちらかというと貴金属に近いしっかりした重量感は「黒いプラチナ」と呼ばれるリッチな着け心地は大人カップルにも好評です。

研磨が非常に難しい素材ですが、そのぶん時間をかけ磨き上げると黒いガラスのような、
とても透明感がある不思議な深みがある色合いになり、作業していて思わず手を止めて見とれる位でとてもファッションナブルです。
手作りの鍛造技法でしか作れず、量産が効きません。
一点制作の価値があるリングに仕上がります。

また強度が大変高く、粘りと強さをあわせ持つのも<レアメタル> >ならではの特殊な性質で、
プラチナ、ゴールドより使用によるスリキズ・変形へのタフさが期待できます。

もちろんカラーは素材自体の色なので変色、剥がれの心配なく永遠に黒さが保たれるのは、他の二種類にない強みですね。

<タンタル結婚指輪製作事例はこちら>

「濃く豊かな黒さ」漆黒のブラックジルコニウム結婚指輪

ブラック/黒の<濃さ>ならこちらが一番のおススメの「ブラックジルコニウム」
金属アレルギー対応素材の中心的な存在のジルコニウムをベースに、耐久性の高い黒い酸化被膜を強固に表面に結び付ける加工を施しています。
剥がれにくい強靭な皮膜のため、かなりの長期間美しい<漆黒>のブラック、豊かな黒く美しい色合いをキープできることが期待できます。

またレアメタルとしての強度があるためプラチナ・ゴールドよりタフなリングに仕上げることも出来ますし、
ジルコニウムのもともとの色合いがシルバーグレーなので、ブラック&シルバーの2トーンにカスタムも可能なのは、タンタルにない強みですね!

重さがタンタルの半分以下なので、着け心地が軽いのはこちらです。
ブラックジルコニウムのデザインバリエーションはギャラリーの<金属アレルギー対応 >カテゴリー全モデルに対応しております。
まだ製作事例が少ないため、ご注文はデザインを以下ギャラリーよりお選びいただき、ブラックジルコニウム希望とお伝えください。
折り返し金額など詳細をお知らせいたします。

<ブラックジルコニウム対応結婚指輪のデザイン事例はこちら>

自由自在のデザイン可能な黒いハードブラックコート

スタンダードモデルのほとんどがカーボンブラックのハードブラックコートへのアレンジが可能なのがメリット。
定番すべてが対応可能という豊富なデザインバリエーションが強みです。

メッキとは耐久性が違うセブンドリームスのオリジナル<ハードブラックコート>。
特殊な技術で施されたコーティングの皮膜は、Hv硬度3000を超える硬さで、摩擦に大変強いのが特徴。

そのカーボンのつややかな黒い色合いは、タンタル、ジルコニウムブラックとはまた違う漆黒の魅力でブラック好きのカップルに支持されています。
ベースの素材ジルコニウムは密度がタンタルの半分以下の約6.5で、着け心地が軽いのはこちら。
また中まで黒いタンタルと違い、部分的にシルバーのメタル生地を露出させて、シンプルな黒のリングを、
斬新なツートーンに仕上げるカスタムもファッションの一部としてもアクセントになり人気。
カスタマイズベースとして考えるのも楽しいですね。

【黒い結婚指輪 タンタルとジルコニウムブラック比較】

<左>タンタルの黒いガラスをイメージさせる透明感がある黒さと<右>ブラックジルコニウムブラックの濃く豊かな漆黒。
二種類の黒色の印象の違いが伝わりますでしょうか?
タンタルは素材そのものの色あい、ジルコニウムは酸化被膜による発色。
色味の違いももちろんですが、指に通した時の違いは、なんといっても重量感。

比重16.6のタンタルに比べジルコニウムは6.5と約1/3程度です。
ずっしりとしたタンタル、軽い着け心地のジルコニウム製。

見た目以外の違い、それは触感に訴える部分=着けた感じが大きく違う二つのブラックリング。
ご確認頂きお好みに近い方をご検討下さい。

・実際にサンプルで色合いを確認したい方は、店舗または以下のお問い合わせフォームより
「黒い結婚指輪サンプル希望」と<ご送付先住所/電話番号>両方を記入、ご送信ください。
折り返し、ご発送の予定などご連絡いたします。
 

【お問い合わせフォーム】はこちらから

 

■<黒い結婚指輪ギャラリーへ>

 

【黒い結婚指輪 タンタルとカーボンブラックコート比較】

<左>カーボンブラックコートの光をさえぎるような強い黒の発色<左>タンタルのガラスのような透明感がある黒さ
二種類の黒さの違いが伝わりますでしょうか?

カーボンブラックコートはカーボン(炭素)をコーティングすることによる発色。タンタルは中まで同じ色。
素材そのものの色あいです。
この二種類、指に通した時の着け心地はかなり違います。
比重16.6のタンタルに比べジルコニウムは6.5と約1/3程度です。
ずっしりとしたタンタル、軽い着け心地のジルコニウム製カーボンブラックコート。

見た目以外の違い、それは触感に訴える部分=着けた感じが大きく違う二つのブラックリング。
専門知識が無くても体感できる違いですね。

・実際にサンプルで色合いを確認したい方は、ショップまたは以下のお問い合わせフォームより
「黒い結婚指輪サンプル希望」と<ご送付先住所/電話番号>など必要な情報を記入、ご送信ください。
折り返し、ご発送の予定などご連絡いたします。
 

【お問い合わせフォーム】はこちらから

 

■<黒い結婚指輪ギャラリーへ>

 

【黒い結婚指輪 ハードブラックコートとブラックジルコニウム比較】

ハードブラックコートの光を遮るようなダークブラックとジルコニウムブラックの濃く豊かな黒さが伝わりますでしょうか?
その二つの黒の質感、見た目の色合いの違いは、どちらもスタイリッシュな強い黒味でおんなじと感じる人と「まったく同じじゃない」
と思う方、二つに分かれるようです。

カーボンという別素材を特殊なダイヤモンドアモルファスという状態から焼き付ける<ハードブラックコート>。
ジルコニウムそのもの、熱処理によりリングの自体が表面に作り出す強固な酸化被膜の黒。
ある意味よく似た色合いに見える二つのブラックリングの間にも、全く違う<作る>工房ならではの「ものづくりのストーリー」が存在します。

この2種類ならではのカスタム、それは部分的に研磨で皮膜をはがすことで生地のシルバーのメタルと残したブラックの部分のツートーンフィニッシュ。
中まで同じ黒さのタンタルではできない表現技法です。

色の付け直しにはどちらも対応出来ます。

・ご自宅で三種を見比べてご覧いただける「サンプル送付サービス」がございます。以下のお問い合わせフォームより
「黒い結婚指輪サンプル希望」と<ご送付先住所/電話番号>両方を記入、ご送信ください。
折り返し、ご発送の予定などご連絡いたします。
 

【お問い合わせフォーム】はこちらから

 

■<黒い結婚指輪ギャラリーへ>

 

三つの<黒>それぞれの個性と意味あるカスタマイズの可能性。

・地上で一番黒い金属<タンタル>
・漆黒の黒さ< <ブラックジルコニウム>
・超硬質カーボンブラックコート

どれも美しい黒さ以外に肌が弱くても安心なアレルギーフリーというメリットがあります。

もうひとつのポイント、それはテクスチュアとの組み合わせ。
黒の色合いは、下地の仕上げによっても様々に表情を変えます。

マットの下地だと少しグレーよりのシックで美しい色合いになりますし、和紙柄にカーボンコートを施すと長期間のエイジングで凸部分に下地のシルバーが現れ、使い込んだ歴史を物語る風合いに。

もちろん、ダイヤモンドや誕生石、守護石を表面や内側に埋め込むカスタムも、デザインにアクセントを加えますし、特別なリングに輝きと想いを込める良い方法です。
手軽な自分仕様のカスタムとして人気のレーザー彫刻もおしゃれで良い記念になりますよ!
手書きのイラストや、家紋、指紋!、ペットのシルエットなど、「え?そんなことも出来るの?!」
と思えるようなことでもデザイナーがいるからご提案、実現できます。
微細なレーザーの光が、あなたのイメージをカタチにしてリングに入れてくれます。

それぞれの魅力ある<黒>について、単に色という部分だけでなく、質量の違いがもたらす付け心地やカスタムの可能性について出来るだけ伝わりやすいよう購入のお役に立つ情報をお伝えしたつもりです。
3種類の<黒い結婚指輪>それぞれの魅力が伝わりましたら、嬉しく思います。

自分に合った選び方など、ご質問、ご相談は質問フォーム、リモート、お電話でいつでもお待ちしております。

クラフトブランドの当店ならではの様々なカスタムや世界にひとつのフルオーダーメイドが気になる方は、たくさんの事例が確認出来る、いままでの事例を以下のリンクページから探してみてくださいね。
 

■<黒い結婚指輪ギャラリーへ>

 

◆全国メールオーダーご対応致します。
 

【お問い合わせフォーム】はこちらから