目次

【特別な贈り物の婚約指輪】


これからの一生を共にする婚約指輪は、美しく光輝く石を使ったもので、満足いくものを購入すべきです。一般的に男性はジュエリーやリングに詳しい方が少ないと思います。
結婚指輪の形や光はもちろんのこと、リングに光るダイヤの大きさや数などには、知識がなく相手の女性に一任することが多いでしょう。とは言っても、大切なお相手に贈る婚約指輪には「どのような石が良いのか」「ダイヤモンドの大きさの違い」「数は多い方が良いのか」などの知識が必要です。このページでは、知っておきたいダイヤモンドの知識をご紹介いたしますので、婚約指輪を購入する際のご参考になさってください。

ダイヤモンドの品質は、Carat・Cut・Color・Clarityの4つの要素で表されています。この4Cの組み合わせによって、ダイヤモンドの品質と価値は決定づけられます。
なのでカラーストーン(ルビー・サファイア他)に比べてとても分かりやすいです。
ダイヤモンドの品質評価基準を表す4Cの紹介です。
①~④の組み合わせでダイヤモンドの金額が決定致します。


【4つのC】
1.キャラットのC
重さ(キャラット CT)
2.ColorのC
色(カラー)D~Z
3.ClarityのC
内包物(クラリティ―)F・IF・~I3
4.CutのC
輝き(カット)3EX~POOR(プアー)まで


■下記の画像では左側が上質です。重さは右に行くほど重いです。婚約指輪の平均的な重さは0.2ct~0.3ctです。


【1.Carat:カラット 重さ】


上記の表で一番上に表示されています。
注意:よく間違えるのがダイヤモンドの大きさと思っている方が多いいのですが重さです。

カラット(Ct)とは宝石全般の重さを測る際に使われる重量単位のことです。1.0ct=0.200gと定義されています。
※ダイヤモンドは、1907年のメートル条約で定められたメートルカラット単位で計算します。


【2.Color:カラー 色】


ダイヤモンドは無色に近い石の方が、透明度が高く光を透過させるので美しい虹色の輝きを見せます。透明度の高いダイヤモンドの原石は希少価値があり、大きいほど価格も高額になります。一般的に、ダイヤモンドのカラーは透明度が高い方が人気があります。原石はカラーレス(無色)をDランクとし、Zまで全23色で評価されます。カラーレス(無色)、ニアカラーレス(ほぼ無色)、フェイント(仄かなイエロー)、ベリーライト(非常に薄いイエロー)、ライト(薄いイエロー)の5段階に分けられます。DからGまでは比較的透明度が高く、無色に見えます。セブンドリームスでは、ニアカラーレス【D~Jまで】の色までを使用します。Jカラーの表面を見て、黄色っぽいと感じるお客様は非常に少ないです。確かに透明度の高い色と比較すれば、色をかすかに感じられますが、気になさる方はあまりいません。

セブンドリームスではニアーカラレスのカラーまでを使用します。【D~Jまで】
画像一番右が透明で綺麗なダイヤモンド!左は黄色く見えます。
※価格は透明なダイヤモンドほど高くなる。

縦軸:カラー  横軸:価格


カラーが透明なほど価格は高くなります。

参考: GIA「ダイヤモンドの品質を決定する要因」よリ


【3.Clarity:クラリティー】


ダイヤモンドの内放物を表します。

ダイヤモンドは自然界が作り出すものですから、内部に結晶が全くない純度のものなどは存在しないのです。主な内放物としてオリビン、ガーネット、スピネルなどがありますが、さほど美しさには影響を与えません。時には、これらの内放物がダイヤモンドの個性となるケースもあるからです。クラリティのグレードは高い順にFL〜IF・VVS1〜VVS2・VS1〜VS2・SI1〜SI2・I1〜I3と呼ばれており、婚約指輪を購入する際にはクラリティがVS1〜VS2以上を選ぶことをおすすめします。VS1〜VS2とVVSとの差は専門家でも肉眼で鑑定し判別することが難しいものです。非常に高品質なダイヤモンドで、品質と価格とのバランスを求めるお客様に人気のグレードとなります。

SI1〜SI2ランクは、10倍に拡大して鑑定した際には専門家でなくても内包物やキズが確認できる場合があります。カラット数が大きくなると、肉眼で内包物を見つけられることも少なくはありません。このグレードでは、ダイヤモンドの価格もリーズナブルになり購入しやすくなります。婚約指輪は、できるだけ内包物が少ないものを選びます。セブンドリームスではSI2までを使用しますが、F・IFもご希望に合わせてご準備出来ますのでご相談くださいませ。

自然界が作り出すものですから全くないものなどはほとんどないのです。
ただ婚約指輪の場合はより少ないものを選びます。私たちも最善を尽くします。
セブンドリームスではSI2までを使用します。
上はF・IFもご希望に合わせてご準備出来ます。


縦軸:クラリティ― 横軸:価格
F・IFはクラリティ―が高いですが価格も高くなります。
VSクラス・SIクラスまでなら肉眼で見て影響がありません。■SIクラス10倍のルーペで見てインクルージョン(内包物)が確認できます。


【4.Cut:カット 輝き】


ダイヤモンドは、強く美しい輝きを持つ宝石です。ダイヤモンドは、無色で透明度の高いものほど価値が高まりますが、原石が輝いているわけではないのです。ダイヤモンドは地球の奥深くで生まれた結晶で、地表へと押し上げられたものがダイヤモンドの原石なのです。見た目は普通の透明の石で、自分で輝くことはできません。ダイヤの原石は、カットされ磨かれると宝石としての輝きを増してます。ダイヤモンドの面は、美しく輝くように角度が計算されているので、それに従いカットし、研磨されるとダイヤモンドの形をしていきます。ダイヤモンドは大きいから輝くのではなく、小さくても数が揃えば、大きなダイヤ以上の存在感を放つということです。結婚指輪には、小さなダイヤを入れることもできます。

ダイヤモンドのカット基準は【エクセレント Excellent】【ベリーグッド Very Good】【グッド Good】【フェア Fair】【プア Poor】の5段階でグレードづけされています。さらに、カットの評価として【プロポーション Proportion】【ポリッシュ Polish】【シンメトリー Symmetry】の三段階で評価していますので、合わせてチェックしてください。プロポーションは、バランスよい形であるか・ダイヤが最大限に光を反射するかを数値で定めています。ポリッシュはカット面の研磨状態を指しており、研磨跡が少ないほど光にムラがないので美しく輝きます。シンメトリーは、ダイヤの対称性を表しており、対称なダイヤモンドは光が均等に反射するので美しく輝きを増していくのです。セブンドリームスではFair以上のGoodまでのカットを使用しています。ダイヤモンドは、耐酸性、耐アルカリ性、耐熱性に優れた鉱物ですので、グレードが高い低いに関わらず、経年でダイヤモンドが変質することはありません。

EXCELLENTの上には、ダイヤモンドの最高のプロポーションである3EXH&Cというカットがあります。下の写真のように、8つの矢と8個のハートが入った上質なダイヤモンドです。ブライダルにぴったりのデザインで、こだわりのあるお客様に選ばれています。

セブンドリームスではGOODまでGOODのカットを使用します。
EXCELLENTの上に3EXH&Cというカットがあります。
ダイヤモンドの最高のプロポーションです。
下の写真のように8つの矢と8個のハートが入る上質なダイヤモンドです。


■【ダイヤモンドの説明4Cの動画です】是非ご覧ください。


■日本語の設定になってない場合➡YouTubeの左の⚙マークをクリックして字幕オンへ自動翻訳から一番下までスクロール(日本語)を選択で日本語字幕になります。

●ファンシーカットのダイヤモンド【ラウンド以外のダイヤモンドカット)


【ラディアントカットダイヤモンド】

大人っぽいカットです。30代~の方にお勧めです。
風水では長方形が一番エネルギーが高い形で最強の運気を呼び込むと言われています。キラキラと輝くのでとても美しいカットです。

【エメラルドカットダイヤモンド】

すきっりとシンプルなカットです。透明感があり肌をきれいに見せてくれるカットです。面長の顔立ちの方はこのデザインがお薦めです。性格がはっきりした人にもぴったりです。
ラディアントカットと同じ風水では最強の形です


【ご予算に合わせのダイヤモンド選び】


セブンドリームスはご予算に合わせ自由にダイヤを選んで頂けます。ご予算をご提示頂けたら大体のダイヤモンドがご準備出来ます。
あとは、婚約指輪のデザインが決めれば全体が見えてきます。
この後ダイヤモンドの鑑定書についてもご紹介していきます。
そしてお選びになったダイヤモンドに相応しい婚約指輪のデザインもご紹介してまいります。

■婚約指輪のページ はこちらから


■金属アレルギー対応婚約指輪はこちらから