今回は、最近良く選ばれている<プロポーズ方法>3つについて


プロポーズを考えている方向けに、「どんな方法が自分の場合、向いてるんだろう??」
という疑問を解決して、ベストの基礎的な方法が選べるようお手伝いしていきたいと思います。


意外と本音がいえず、恥ずかしいから言葉にできない男性もいるかと思いますが一生で一度の
大切な瞬間なので自信をもってシンプルでも気持を込めたメッセージなら彼女の心に残るはずです。
友人からの意見も参考にして頑張って欲しいと思っています。

事前に徹底的に調査して準備を進めていくといいかと思います。
大体は初めての事なので男性(彼)が1人で悩む事が多いと思います。
ポイントを押さえていきますので、きっとお役に立てるはずです。

では、女性なら誰でも憧れるプロポーズの全体像から、それぞれの最新の魅力のメリット・デメリットまで比較して
解説していきますね。

プロポーズ

■プロポーズ方法 3つについて


三つのプロポーズ方法とは


細かい部分は、各ショップで異なるかも知れませんが、
大まかに分けると、この三つの流れになると思います。
■自分はどのプロポーズが一番向いてるのかの選び方

.本物のダイヤモンド<diamond>婚約指輪でプロポーズ

2.一粒ダイヤモンドプロポーズ

3.プロポーズリング

まずは、それぞれの内容を把握してプロポーズ成功を叶える事を
実現して行きましょう!


【1.本物のダイヤモンド婚約指輪でプロポーズ】

こちらは、まさに王道のプロポーズですね。
レストラン、思い出の場所、景色が良いデートスポットなど
想いが高まる場所で、プロポーズの言葉と共にパカっとあけた箱には、
まばゆい<ダイヤモンドの婚約指輪>
昔も今も変わらないインパクトある正統派のプロポーズスタイル。
お相手にとっても一生の思い出になるインパクト絶大!
大満足のプロポーズスタイルです。
ご希望でダイヤモンドの鑑定書を付ける事が出来ます。

1.本物ダイヤモンドでプロポーズ

■渡すときの服装や空間作りなど事前に決める事をおすすめします。
渡し方は指輪のケースを彼女に向けて開くだけです。これの方法が
喜ばれると思います。

 


2.一粒ダイヤモンドプロポーズ】

ここからの二つは、本物のダイヤ付き婚約指輪を使わないプロポーズです。
<一粒ダイヤモンドプロポーズ>は、文字どうり、まずはダイヤをプロポーズの決意と意思表示として贈るスタイル。
言葉だけでは足りないと思う時に、不滅を表すダイヤで「伝えたい想いをカタチにする」ことで、
結婚への明確な意思を伝えることが出来ます。
贈る側も、贈られた側も「言葉じゃ足りない」部分をダイヤが埋めてくれる?
心の満足があるプロポーズスタイルではないでしょうか?
特別にTOPクラスの最高のカラー・クラリティ・カットのダイアモンドのをサプライスプロポーズを
すると素敵だと思います。

1粒ダイヤでプロポーズ

2.一粒ダイヤでプロポーズ


3.プロポーズリング】

<プロポーズリング>と呼ばれる、プロポーズ専用のリングでプロポーズを
完了して、後でリング選びはお二人で・・・というスタイルです。
各ショップでスタイルが微妙に違うので、同じサービスとは限りません。
・購入したダイヤをシルバーリングにセットしたもの
・スワロフスキーの実物そっくりのダイヤをシルバーのリングに留めたもの・・
など様々です。

プロポーズ

3.プロポーズリングでプロポーズ


それぞれのメリット・デメリットは?


それではおのおの3つのスタイルのメリット・デメリットについて確認して行きましょう。


【1.本物のダイヤモンド婚約指輪でプロポーズ】


<メリット>

・本物のダイヤ&リングの持つ物言わぬ存在感

やはり実物のダイヤ&リングの持つオーラは絶大なものがあり、贈る側の真剣さ、想いの深さを伝える意味では、
右に出る方法は無いかもしれません。
女性あこがれの<箱パカ・プロポーズ>も本物の婚約指輪で行うことで、感動は段違いに深いものとなるでしょう。

プロポーズ 人物

<デメリット>

・準備に時間がかかる
通常、エンゲージリングの製作期間には1~2か月、オーダーメイドならもっとかかる場合があります。
プロポーズまでの日程にゆとりが無い場合は、別の方法を考えた方が良いかも知れません。
ただ、中には、即日持ち帰りOKなダイヤモンド婚約指輪を常時準備してあり、
対応してくれるショップもありますので、ネットなどで探してみると良いでしょう。
例えば急に決まったご両親へのご挨拶など
「時間がないけど婚約指輪は本物のダイヤのエンゲージを準備したい」
という時、とても助かるサービスですよね。

その場合、リングのサイズ合わせや、刻印は後ほどとなりますが、
そこは間に合わせるための割り切りが必要になると思います。
またこういった場合、どうしても選べる範囲が限られ代表的なデザインからえらぶことになります。
万一リングのデザインが気に入ってもらえなかった場合にフレーム(枠の部分)の変更に対応してもらえるか?費用は?
などなど確認しておくと良いと思います。

・彼女が金属アレルギーだった場合、着けれないかも
せっかく選んで贈ったけど、アレルギーで着けられない。。
先にリングを作る、サプライズならではのリスクですね・・・。

プロポーズリング

彼女がアレルギーがあってプラチナ・K18の指輪が付けれない、、、。!


アレルギーがあった場合、リング枠の交換に対応するショップもあります。
(※当店も、このような場合、リングの枠を同じデザインのアレルギー対応素材の枠への交換サービスを致します。)
できれば贈る相手のアレルギーについて確認しておくのが安心ですね。


2.一粒ダイヤモンドプロポーズ】


<メリット>
・ダイヤの実物は雄弁文字どうり一粒のダイヤを入れたケースでプロポーズをするサービスです。
ダイヤモンドが持つ本物ならではの輝きは、贈り手の真剣な想いを
しっかりと伝えてくれます。

・すぐに準備できる
リングと違い、サイズ直しなどの手間が無く、即持って帰れるので、
「時間が無い、でもきちんとした形をとりたい」
そんな場合もとても便利なプランです。

・デザインの好みや指のサイズがわからなくてもOK
ダイヤには、品質の違いはあれ、好みが左右する部分はほぼないため、
「サイズがわからないけどどうすれば・・・」
「デザインの好みが良くわからなくて選べない」
という心配がありません。

・万一、彼女が金属アレルギーでも大丈夫。
彼女が金属アレルギーでも、あとでリング本体を選ぶこのプランなら問題は起きません。

・彼女の想いに寄り添える
プロポーズはとてもうれしい。けどリングのデザインはできれば自分で決めたい。
後でゆっくりデザインを決めれるこのプランは、そんな彼女の想いに寄り添えるプランです。

1粒ダイヤでプロポーズ

2.一粒ダイヤでプロポーズ 専用の箱に本物のダイヤモンドが入っています。彼女と後から彼女の好きなデザインで指輪選びが出来ます。


<デメリット>

・準備に時間がかからない・リングのサイズ、デザインの好みがわからなくてもOKなど
メリットがとても多く比較的デメリットが少ないこのプラン、
しいて言うなら
・完成したリングでは無い
・ダイヤの大きさやグレードなどが彼女のイメージと違う可能性がある。
等ですが、ほとんど案じるほどのことはない部分ではと思います。

贈られる側目線ではほとんどデメリットが無いこのプランですが、
<贈る側=プロポーズする側>として気を付けないといけないのが、
<予算管理>です。

エンゲージリングつまりダイヤの婚約指輪の価格構成は、
【ダイヤの価格】+【枠(フレーム)】の価格=完成したエンゲージの価格です。

まずはダイヤモンドでプロポーズ完了!次はリングの枠(フレーム)選び・・・。
となった時に、枠の価格はデザインによって大きく違うことは頭に入れておかれる
べきと思います。

・選べるフレームとダイヤがセットになった定額プランのあるショップを選ぶ

・ダイヤの購入の際に、お店の方に予算を伝えて、二人で来店の前に予算内で収まる枠をめぼしをつけておく

などなど、全体の予算観を持っておくことは大切ですね。
少し現実的な話になってしまいますが、
「リングのフレームの方はこのぐらいで考えてるんだけど・・」
という部分も、ショップに行く前にコミニュケーションをとっておく彼女の方も、逆にその中なら安心して選ぶことも出来ますし、
希望のデザインが少し予算オーバーしそうなとき、支払いの方法を
一緒に考えたり、気まずくない前向きな時間にできるかも知れません。


3.プロポーズリング】


プロポーズリングは、最初に書いたようにほとんどがシルバー製の枠にスワロフスキーをセットした、
エンゲージリングそっくりのデザインのリングです。
購入したダイヤを、シルバー製のエンゲージタイプのサイズフリーの留めてプロポーズするパターンなど、
各社細かい部分でサービスの内容が違う事がありますので、都合に合わせてショップを選んでいくことが大切です。

プロポーズ

3.オリジナルのシルバー製の枠にスワロフスキーをセットプロポーズリング

 <メリット>
すぐに持ち帰れる

基本的に、クリスタルをセットしたタイプは、購入即持ち帰りOKです。
価格も1万前後からと手軽で、買ったショップでエンゲージを購入すると
代金からプロポーズリングの代金を差し引いてくれるパターンも。

持ち合わせが足りない場合も、想いをカタチにして表せる
お財布がピンチ!という時も、少額で購入可能なので、まずは気持ちを
カタチにすることで、決意や想いを伝えることが出来ます。
カタチになったものがなにも無いと、贈られる側にも、少し軽い感じに受け取られる時もあるようです。
かたちとして準備をすることで、印象がグッとアップすること期待できますよ。

<デメリット>
贈る相手のプロポーズに対する希望のイメージが、
ダイヤモンドエンゲージのいわゆる<箱パカ・プロポーズ>
だった場合、期待と違うという印象になる可能性はゼロではありません。
もし思い当たるふしがあれば、できればショップを予約しておき、
プロポーズリングを渡す際に
「○○日にショップ予約したから、行こうね」とか伝えれたらベストと思います。
もしお相手の予定が合わなくても、変更すればOKです。


最後に ~贈るお相手の金属アレルギーの有無を確認はマスト!
彼女が特定の金属にアレルギーが無いか?ご確認はしておくのはマストです。
実際に、サプライズで贈られたエンゲージだけど、その後着けることができない。
という事例もございます。
着けているジュエリーの材質など、
「それプラチナ?」
とか聞いて確認しておくのもありですね!もしアレルギーがあったら、

・一粒石ダイヤモンドでプロポーズ

・プロポーズリング
にしておけば、アレルギーに対応するフレームがあるお店で後でリング作り
することが出来ます。
もし贈る相手がアレルギーで、どうしても本物のダイヤモンド婚約指輪で
プロポーズしたい場合に気を付ける事ですが、
プラチナ/ゴールドと違い、アレルギー対応素材のチタンやジルコニウム
はサイズ直しがやりにくいため、以下の二つの方法がおススメです。

【アレルギー対応の婚約指輪 ジルコニウム素材】

①確実に彼女のサイズを把握する
間違いないサイズで作ったリングでこだわりのプロポーズできます。

②シルバーのプロポーズリングに、本物のダイヤをセットしプロポーズ後、
アレルギー対応の枠(フレーム)をピッタリのサイズで
作れば大満足。
あと大体のダイヤモンドの相場や自分の予算も決めるといいかと思います。
ご検討してみては?!


上記のプランはいかがだったでしょうか?

:::::::::::::::::::::::::::::::
以上、3つのプロポーズのスタイルについてご説明してきました。
アレルギーの件は、おもわぬ盲点なので、ぜひお忘れなく!


プロポーズを成功させるために下記の事もご参考にされてくださいね!

・演出(サプライズプロポーズ・フラッシュモブで気持ちを届ける・テーマパークのホテルで食事をしながらさりげなく渡す 他)
・シチュエーション(雰囲気・ロマンチックな夜景が見えるレストラン・彼女の自宅
・自分の部屋・海外.国内旅行中.ふたりの思い出の行ったことがある場所.日常的ではない場所)
・プレゼント内容(花束・赤いバラ他)・タイミング(記念日・彼女の誕生日・クリスマス・デートの途中・付き合って1年記念日)

赤いバラの花束

赤いバラの花束

など彼女が一番喜ぶ理想の内容をしっかりリサーチして知識をつけ彼女に自分の気持ちが伝わるように
考える事が必要です。喜んでもらうためなら頑張りましょう!

お互いの気持ちが一致しプロポーズがこれからなら成功させて
両家顔合わせ・入籍・挙式(又は写真ウエディング)を迎え、幸せな未来へと
ふたり(2人)で一緒に協力して歩んでいきましょう。周りの人からも祝福を受けて幸せ度が上ると
思います。

結婚へ 手をつなぐ 人物 プロポーズ

素敵なプロポーズは大きなイベントです。二人を幸せな未来へと導く!!

 

 

 

 

 


当社もお客様のプロポーズのサポートをしておりますので
お気軽にご利用・ご連絡くださいませ。アフターサービスも充実しています。
実店舗が福岡にありますしWEBでも何でも相談は受け付けております。

■ご相談・ご予約はこちらから