◆はじめに|青い結婚指輪のバリエーション

<サムシングブルー/なにか青いもの>もうご存じでしょうか?

「なにか青いものを身に着けることで花嫁は幸せな結婚生活を送れる」
と言うヨーロッパの習慣にちなんで、日本でも青いサファイアをエンゲージリングの指なじみ面や、
マリッジリングに留めたモデルが人気です。
今回は、それ以外にも、海好きカップルなど、支持層が最近広がりを見せる
<青い結婚指輪>の魅力について、具体的な事例を交えてご紹介して行こうと思います。

<選べる三つのブルーの結婚指輪>

今回は、先ほど少し触れた
・イギリスの言い伝えにならった<SomethingBlue/サムシングブルー>
のリングはもちろん
プラチナ つち目サファイア入りマリッジ

それ以外にも
・チタン、ジルコニウムの鮮やかな発色によるブルー
・「ドットエタニティー」の華やかなきらめきのブルー
などの<青い結婚指輪>の様々なバリエーションがございます。

最後にブルーの婚約指輪もありますので、そちらもあわせてご確認下さいね。

それでは具体的な事例と一緒に、様々な<青い結婚指輪>の魅力をお伝えして行きますね。
※【関連記事】虹色の結婚指輪は<希望・未来へのいざない>その魅力について /こちらから<7/20アップ予定>

◆まずは定番<サムシングブルー=サファイア>

ドルフィンペアレーザー彫刻&サファイアインサイド

まずは先ほども紹介した
<サムシングブルー>
サファイアのメレ(小粒石)をリングの表や、内側にセットした婚約指輪・結婚指輪。
もともと欧米のブライダルシーンで言われる<サムシングフォー>のひとつ、
「サムシングブルー/青いものを身に着けると幸せになれる」
という言い伝えをモチーフにして、いまでは完全にスタンダードと言えるほど定着してきました。

<サムシングフォー>の意味について

◆花嫁が身に着けると幸せが訪れる4つの「何か/Something」なもの
・古いもの=家族の絆・伝統を表すもの
・新しいもの=未来への希望をあらわすもの
・借りたもの=友人・隣人との絆
・青いもの=花嫁の清らかさ

シンプルにワンポイント願いを込めて青い石をあしらう事が多いのですが、
やはり圧倒的人気は、<ブルーサファイア>
・石言葉が<慈愛><忠実><真実>
など揺るぎない心を表す事も、幸せを願う花嫁の持ち物としてピッタリ。人気の源ですね!

クロスにサファイアセンターブラックダイヤ<界>マリッジ

写真は、人気スタンダード<KAI/界>にサファイアをクロスセットした、カスタムモデル。
こんなサムシングブルーもオシャレで印象的です。

安定の人気「サムシングブルー」をセブンドリームス風アレンジでとても人気なのが、
次に紹介する
<ブルードット・エタニティー>です。

◆<ブルードット・エタニティー>とは

<ブルードット・エタニティー>とは、ダイヤとブルーの宝石を、リズミカルに配置したエタニティーリング。
並んだダイヤの連なりが絆の永遠を表すことからエタニティーと呼ばれるリングにブルーをプラス。
ドットエタニティー

ドットエタニティーリング

・石の配置、種類、幅
・フル(一周ぐるりと宝石入り)、ハーフ(半周)など宝石の数も自由
こちらは、エンゲージ(婚約指輪)としても、またマリッジとしても人気。

写真は、サファイアではなく<タンザナイト>をダイヤモンドと交互にセッティング。
真っ青ではなく、少し柔らかいブルーがご希望のご新婦様の好みに合わせカスタムしています。

他にもブルーダイヤモンドと無色のダイヤを交互に留めるのも、良いと思います。

また、ブルーダイヤなどの石だけでなくフレームの素材も、シャンパンゴールドなど、カスタム可能なのがセブンドリームス。
セブンドリームスの場合、金属アレルギー対応素材でも、どのデザインにもフル対応致します。

新しい世代の華やかさを備えた<青い結婚指輪>
そう呼べるのが、<ブルードット・エタニティー>です。

◆チタン・ジルコニウムの鮮やかな発色によるブルーの結婚指輪

写真でも、鮮やかさと多彩さが目を奪う魅力が伝わりますでしょうか?
こちらは、チタン、ジルコニウム独特の発色作用を引き出した<青い結婚指輪>です。
ブルー イエローカラーの三点セットリング

・金属アレルギーフリーの結婚指輪素材としても知られる
チタン・ジルコニウムですが、表面に発生する独特な膜のプリズム作用がまるで宝石のような、透明感ある多彩な発色を可能としています。


上のモデルは、沖縄の伝統文様ミンサーを、慶良間諸島の鮮やかなサンゴ礁の色の変化をイメージしたカラーに発色。
レディースは女性に人気のピンク&イエローでカラーリング。

ミンサー ワイド
こちらはミンサーマリッジペア両方をケラマブルーにカラーリング

双流 そうりゅう ブルーマリッジ

透明感あるブルーをカーヴィーなフォルムが人気の<双流/そうりゅう>に施したカスタムモデル

センターにブルーのラインのマリッジ

濃い目のブルーのラインが、目に鮮やかなモデル。誕生石をあしらって。

あざらしZrマリッジ カラーあり

癒しのあざらしくんがブルーの波間に遊ぶ?カスタマイズ。
おもわず笑顔になっちゃいます。

ブルーのラインのメンズイエローの<ホールド>レディースマリッジ

濃いブルーがキリッとしたイメージ。
ヘアライン仕上げとのコントラストがとてもいい表情です。

・セブンドリームスのカラーリングの特徴/メリットとは

セブンドリームスのカラーリングの特徴は

<選べるカラーオーダー>

~自由に色合いを選べて、好きなグラデーションも可能。
ブルー~グリーンのカラーリングマリッジ

アクアブルーとライトブルーのカラーリングマリッジ

ブルーと言っても浅瀬の透き通るブルーから濃く深い群青まで
写真の事例のような様々な<青さ>にカスタムできるのも特徴です。

<デザインパターン自由>

~好きなデザインで色入れが出来る

デザインに合わせて入れることが出来るので、
バイクリング カラー前
ツールドフランス バイクマリッジ
宝石で表すブルーと違い、好みの柄をブルーに出来るのもオンリーワン感アリ。
写真は、バイク(自転車)好きのお二人のフルオーダーモデル。
ツールドフランスのコースレコード(高低差の図)をブルーに染め上げました。

・進化するカラーリング<エージング・ブルー>

<エージング・ブルー>とは、長く身に着けるうちにカラーリングの部分の色合いが、摩擦などで色落ちすることを見越して、デザインを考える事です。

フルブルー水玉マリッジ

全面ブルー水玉マリッジ

写真は、「青く出来なければリング自体作らない!」と断言?!
<青>への愛が半端ないお客様のオーダーマリッジです。
「とにかく全部ブルーのリングがイイ!」「水玉模様がすき。ぜひデザインに」というご要望にお応えしました。
長く身に着けるうちに、凸部分(表面のこすれやすい部分)が摩擦で色落ちしても、水玉部分の凹部分のブルーが残って、
・ブルーの水玉ドットマリッジ
に変化(進化)するデザインプランです。

色落ちは残念ですが、デニムのように<エージング/経時変化>を楽しむというポジティブさがいいですね!
未来につながる良いプランと思います。

◆誕生石/守護石による<ブルーストーン・エンゲージ>

アクアマリンの婚約指輪/エンゲージリング
「婚約指輪はダイヤモンド」という決まりは無く、誕生石をセンターにセットしたエンゲージリングも数は多くないですが、時々おつくりしてます。
写真は3月生まれの女性のための<アクアマリン・エンゲージ>
海のような澄んだ美しいブルーの輝きは、生命の源をイメージさせ、着ける人の心を透明に癒してくれそうです。

もちろん定番のブルーサファイアでも素敵なリングに仕上がると思います。
カラーストーンは、色々な形のものがあるのでカスタムし甲斐がありますね。
珍しい石もお探しできますので、個性的なエンゲージに仕上げることが出来る方法としてご記憶下さい。

◆青色のイメージともたらす効果

<青/ブルー>は、まず空と海、ひろがりと命の源をイメージするせいか、
「もっとも好まれる色」そして「嫌いな人が少ない色」でもあります。

ブルーがその人に与える影響としては、<鎮静作用>があり、時間がたつのを遅く感じたり、気持ちを落ち着かせ集中力を高めてくれます。
またブルーを身に着けることで与える印象は、<誠実さ><知性的><平和的>など、安心につながるものが多いのも特徴ですね。

ただの古くからあるおまじないや、ファッションの一部というだけでなく、色彩と感情のつながりは、心理学でも科学的に解明された実際に役立つものです。
ブルーがもたらすこんな効果を意識して、リングにして身につけるのも、色の持つパワーの活用法として良いと思います。

あわせて同じく色つながりで、こちらは希望と夢を象徴する色・レインボーカラー・虹色の結婚指輪を特集!
関連記事の
<虹色の結婚指輪は<希望・未来へのいざない>その魅力について /こちらにリンクから<7/20アップ予定>
こちらも「カラーつながり」でおススメです。

◆青い結婚指輪で注意する点/デメリット

・青い石を留めた<ブルードット・エタニティー>の場合
~フルエタニティー(一周すべて宝石入り)の場合、サイズ直しがほぼ無理です。

・カラーリング/発色系のマリッジ
~こちらもサイズを変更する場合、一部をカットして繋ぎ直しの溶接部分が、再発色の際に色むらになる可能性があります。

<まとめ>

いかがでしょうか?
以上<青い結婚指輪>の広がりある世界をご紹介して見ました。

・一粒石の追加からで取り組みやすいサムシングブルー
・エンゲージとしても使える豪華なきらめきが魅力<ドット・エタニティー>
・鮮やかで自由な発色が魅力チタン、ジルコニウムの<青い結婚指輪>
・青い宝石の魅力をエンゲージとして手元に<ブルーストーン・エンゲージ>

それぞれ独自の魅力がありますが、
・<青>そのものがとても好き
・出来るだけ目に着くようにしたい
と言う場合ならこの中でも、
常時身に着けるマリッジに思いを重ねて自分好みの色合いを自由に選んで入れる
・チタン・ジルコニウムのカラーリング
こちらがおすすめかも知れません。

セブンドリームスは自社で製作するため、幅、サイズ、色のトーン、カスタムが自由。
それぞれ自分仕様のオリジナルリングとしてオンリーワンに仕上げる楽しみも魅力ですね。

◆店舗にはオリジナルブランドの色々なブルーのサンプルを用意して、ご来店をお待ちしております。
~ご来店予約はこちらのリンクから~

◆ご来店が難しい方には、ブルーのサンプルをお手元で確認頂ける<カラーサンプル送付サービス>も用意しております。
~<カラーサンプル送付サービス>はこちらのリンクの問い合わせフォームに「カラーサンプル送付希望」とご送信下さい~

この記事が少しでもおふたりの理想のリング実現のご参考になればとても嬉しいです。
ご不明な点、「こんなことが知りたい」という事があれば、いつでもお問い合わせフォームからご質問ください。
購入前の心配事、お悩み、ご意見いつでもお待ちしております。