キャンプでの指輪保管方法 トップ


■キャンプ、グランピング大好き!そこで気になるのはリングの保管方法


もともと手軽なレジャーで人気だっとところに、密を避けれるのでなお人気のアウトドアレジャー。
特にデイキャンプや本格的なステイの連泊キャンプまで、人気は高まるばかり。

私も、キャンプ大好きですが、そこで気になるのがリング類の保管方法。
仕事柄どうしても気になります。

キャンプでは、テント設営でペグ打ちやポールを扱ったり、、薪をかまどにくべたりetc
なにかと普段まず持つことのないごつごつざらざらしたもの、硬い金属のものを持つことが多い!

キャンプ ファイアー

リングをはめたまましっかりした手袋をしていればキズは避けられますが、
テントのポールの設営などの力仕事は、万一のリングのゆがみなども心配なので、出来れば外して頂きたい・・。

なんて、キャンプ場でお隣の設営風景をちらちら横目でチェックしてしまうときがあります。


■アウトドアの置き忘れは見つかりにくい


また、共同の洗い場などで見かけるのが、洗い物のまえにリングを外して、目の前の蛇口の上のコンクリートの段において食器洗い開始!
という光景。

お子様に急に呼ばれたり、やることが多くててんてこ舞い・・・するうちに、あれリングは?どこだっけ?

とならないか、ちょっと心配してしまいます。

屋内と違って、草や石ころが向き出しのアウトドアでは、ちょっと転がったりしても意外と探すのに苦労したりするものです。

また不特定多数の方が、オープンなスペースを出入りするので、置き忘れたものが無くても職場のように聞いて回ることもしにくいのがキャンプなどアウトドアの特徴。

「ちょっとだから」と置くことは避けられるのが、懸命です。


■テントは保管場所としては避けたいですね。


最近のテントは内部の踏まないような位置に、貴重品ポケット?的な、
財布やスマホを踏まないように入れておくスペースが作ってることも多いです。
設営が終わったら、そこに貴重品もまとめて保管もOKですが、そのテント自体が、布一枚でできたもので、ロックもファスナーのみ。
防犯効果がしっかりしているか・・・というと、少し心もとないですよね。

最近は、人気ブランドのキャンプ用品の盗難なども多く、キャンプ場でもある程度防犯に気を配らないといけなくなってきました。

ましてやテント設営など、先にリングを外しておいたほうがいい作業が、キャンプ場についたらすぐに待ち受けています。
いろいろやることが多いので、ついてすぐにリングを外しておくことがおススメです。

指輪を外す


■私がおすすめのベストなリングの保管方法


さて、では私がアウトドアでキャンプ場などに到着したときにすぐしている
リングの保管方法はというと・・・。

コレです。

リングクリップ

■リングクリップ

リングクリップ

■指輪を挟むだけです。簡単!

 

リングをリングクリップでネックレスへ

■リングをリングクリップでネックレスへ

車でキャンプ場のパーキングについたら、荷物を下ろす前に、チエーンに通したリングクリップにリングをパッとセット。
Tシャツの内側に入れ込んでしまいます。

シャツの外に出していると、クーラーボックスやテントのストラップにからまって、よいしょとおろすときに引っ張られてブチッ。
ありがちですが、これで避けることが出来ます。

以前は皮ひもでしたが、傷んでいるのに気づかずに出先で突然切れてヒヤッとしたり、
屋外でのつけ外しですっぽ抜けて転がって行ったリング探しにパーキングであたふた、ということがあってから、こちら一択になりました。

「結婚指輪はできるだけ購入した時ままキズがつかないように使っていたい。」
「変形などが怖いから、力仕事の前には外しておきたい」

そんな方には、とてもおススメのアイテムです。

誰に見せても知っている方に合ったことが無いので、ここでしっかりご紹介したいと思い、記事にしてみました。

便利なので、ぜひご確認下さいね。


——————————————-
■リングクリップ価格¥9.980(税込)

便利だな~と思ったらこちらから~
——————————————-

中には、
「結婚指輪のキズはあまり気にしてない。」

と言う方もいますし、

「キズも一緒に過ごした時間の証」
と、経時変化=エージングとして受け入れる方も、いらっしゃいます。

ビンテージデニムのような感覚と思うと理解しやすいかも知れませんね。

当店の場合、男性に多いですね!

ご夫婦で結婚指輪の磨き直しに来られて、奥様は磨きを依頼で、ご主人は
「ぼくはいいです・・・」
と。

遠慮なさっていると思って、重ねて磨きをおすすめしてやっと同意されたと思ったら、
「ほんの軽めでお願いします」
と・・・。

「キズついたリングにも愛着がある」とのことで、エージング派のマリッジユーザー増えている気がします。

ただ<変形>となると、リングが楕円になって着け心地に影響が出たり、
ゆがみで石のゆるみや外れのリスクも起きたりなので、作業の前はやはり外すのをおすすめしたいです。

指輪を外す


■まとめ


今回は
<アウトドアで外したリングどうしてますか?安心な保管方法について>
というタイトルで、アウトドアでテントの設営や、薪割り前、
「アレッ?リングどうしよ・・外すにも置き場が・・」
と言う時に役立つ、便利な<リングクリップ>についてお伝えして見ました。

リングクリップ

■リングクリップ

リングの置き忘れをすると見つかりにくい、アウトドアで頼りになるアイテムと思います。
詳しくは↓こちらのリンクよりご確認頂けます。

——————————————-
■リングクリップ価格¥9.980(税込)

いいな~と思ったらこちらから~
——————————————-

アウトドア派で、
「キズはそれほど気にならないけど、キズが目立ちにくいリングのデザインがあれば知りたい」
と言う方には、
【関連記事】キズが目立ちにくい~
こちらがおススメです。

キズが目立ちにくい。
キズが入っても仕上げ直しがしやすい。

そんなデザインの結婚指輪をご紹介してますので、これから結婚指輪をご購入のご予定がある方は、あわせて読んでみて下さいね。

この記事が、一度見失うと探しにくいアウトドアで、大事なリングの紛失を防ぐご参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。